<正社員・主任ホームヘルパーの場合>

基本的に、朝は事務所へ出勤してから利用者宅へ向かい、昼休みも事務所に戻ります。

 

午後の利用者への支援が終わったら事務所へ戻り、記録や翌日の準備を済ませてから帰宅します。

 

勤務時間は9時〜17時となっていますが、実際は残業がある場合がほとんどのようです。

 

8:30  事務所へ出勤
9:00〜 ミーティング
10:00〜訪問準備・移動
10:30〜午前の訪問(1軒)
      事務所へ移動
12:00〜昼休み
      他のホームヘルパーからの報告や相談を受ける
13:00〜訪問準備・移動
14:00〜午後の訪問・移動(2軒)
16:30〜事務所へ戻り記録や翌日の準備
18:00 帰宅

<パート・ホームヘルパーの場合>

朝は事務所には寄らず利用者宅へ直行し、支援が終了したらそのまま自宅への直帰になります。

 

ホームヘルパーによって、登録している勤務時間が違うので、午前中や午後だけの勤務の方もいれば、午前・午後に1軒ずつなどの方もいます。

 

パートの場合、事務所に寄らないことが多いため、他のホームヘルパーと仕事について相談することができません。

 

万が一、仕事中にトラブルが生じた場合は、事務所へ電話連絡をして指示をもらうこともできますが、実際は相談を受ける立場の上司が多忙でつかまらないといったケースもあるようです。

 

その結果、仕事の仕方がこれで良いのかという不安や、利用者とのトラブルを相談できないまま一人で抱え込んでしまい、ホームヘルパーの仕事が長続きしなくなります。

 

忘れてはいけないのは、利用者宅で仕事をする時は一人ですが、仕事を受託しているのは事務所になるため、責任は上司がとるということです。

 

チームで仕事をしているということを忘れないようにして、上司への早めの報告・連絡・相談を忘れないようにしましょう。

 

その他、夜間の巡回サービスもあります。

 

2人1組で利用者宅を訪問しますが、途中で仮眠をとりながら朝までに10〜20軒の支援を行います。