ホームヘルパーは人材不足

ホームヘルパーは人材不足であることから、(ホームヘルパーの資格をもっていても、ホームヘルパーとして働いていない人も結構いるのです。)
近年では、海外から外国人が日本へきて、ホームヘルパーとして働いてる状況が増えています。

 

主に、インドネシアやフィリピンからの外国人が、ホームヘルパーとして働いています。ですが、ただ日本へきてホームヘルパーとして働くのではいのです。

 

 

日本へきてから数年以内に、しっかりと資格を取得して勤めなければいけないという、結構厳しい条件付きです。

 

日本語からの勉強になりますので、相当大変だと思いますよね。

 

しかし、資格と取得できなければ、自分の国へ帰国しないといけないようですよ。

 

このように、近年では、人材不足を補うために海外から人材を受け入れるケースが増えてきています。

 

勤務態度については日本人職員からもしっかりと高い評価を得ているのだとか。

 

これからも徐々に、少しずつ海外からの人材受け入れは増えていくのではないでしょうか?

 

これからの  ホームヘルパーの受け入れが期待できるため関心が高まりますよね。
ですが、これに安心することなく、わたしたち日本人ももっと介護の現場にたいして積極的に取り組んでいくことが大切だと感じます。