人と人のつながりが大事

ホームヘルパーになって働くことにおいてはやはり、人と人のつながりを大切にすることがまず大前提です。

 

そしてコミュニケーションをしっかりととることにする。このことにより、意思疎通がしっかりと相手ととることができ、回避できるトラブルも
たくさんあると思われるからです。

 

介護者がどう思っているか、どう感じているかなどもささいな表情やしぐさも見落とさないようにすることもとっても大切です。

 

そして、その反応にたいしてしっかりと声かけをすること。何か動作をする前にはしっかりと声かけをしましょう。

 

いきなりいつもと同じことをすからといって、朝やってきて声かけもせずに体にふれて起こす。・・・これ、介護される側からすればとても怖いと思いませんか?恐怖を感じてしまいますよね。

 

しっかりと、安心感を与えることが大事ですよね。

 

ですが、ここで、ホームヘルパーだからといって、何でもかんでも介護すればいいというわけであはりません。

 

あくまでも、自立的な生活の手助けをするということを忘れないでください。

 

自分でできることは自分でやらせてあげましょう。自立意欲がなくなってしまう可能性が高いです。

 

ただ、放置すればいいというわけではなくそばで見守る。ケースバイケースだという声もあがりそうですが、まさにこのケースバイケースの状況を
しっかりと自分で見極めるチカラも大切だと思います。

 

しっかりと、これらの心がけも忘れないでくださいね。