ヘルパー2級の資格を取得した私

私は現在、ホームヘルパー2級の資格を取得しています。きっかけは祖母の介護でした。

 

私は実家住まいなのですが、両親がいつも祖母の介護に追われており、自分にも何かできないかと試行錯誤した末の資格取得でした。

 

最初は自分などに介護の知識が本当に身につくのか疑問でした。家庭で介護はしていても、実践となると専門的なことがたくさんあるからです。

 

そこで私は2週間で資格が取得できる短期コースを選択しました。毎日、朝から夕方まで学校に通い、机に座って勉強の日々。そこで学んでいるうちに、家庭で介護をしていたほうが、絶対に役立つということでした。介護の勉強は家庭でやっていたことの延長線上にあるものが多く、スポンジが水を吸収するように勉強がはかどりました。

 

実地体験もありました。他人のお宅に上がり、実際のヘルパーさんに同行しながら買物や掃除をするのです。自宅でやっているはずなのに、とても気を使い、ただ家のことをするだけの仕事ではなく、住人の方の健康状態もチェックし、必要なら看護師さんへ連絡を取る。まさに生活に直結した仕事でした。

 

ヘルパーの資格を取得したことで、私は今まで以上に介護の道について真剣に考えるようになりました。