老人ホームや介護施設や訪問介護がメイン

ホームヘルパーの仕事場所にはどのような場所があるのでしょうか?

 

やはり老人ホームや介護施設や訪問介護がメインのようです。

 

老人ホームや介護施設はおおまかにイメージがつくと思いますが、では訪問介護はどのようなものなのか。

 

訪問介護とは、施設ではなく、介護する方のお宅を訪問し、介護をしたり家事の援助をする介護のことです。

 

 

介護を受ける方は、介護施設等に入所していなくても、自分の自宅で介護等を受けることができます。

 

ですから、介護施設に入らずに自分の自宅で介護を受けることができるので、自分の自宅で生活したいという方の
要望にもしっかりとマッチしているサービスであるといえますね。

他にも活躍場所がある♪

ホームヘルパー、実はこういった介護の現場だけの仕事であると思っていませんか?

 

実は他にも活躍場所が他にもあるのです。

 

在宅介護支援センターなどの支援センターがその1つ。こちらでは、介護に関する相談を受けたりします。

 

他には、介護タクシーの運転手さんもそうですし、市町村の役所や役場もそうだといえます。

 

意外と現場だけだと思っていますが、こういった様々な場所で、いろいろな人が日々、介護にまつわる生活を支えて日々頑張っているのです。
これからますます、ホームヘルパーの活躍の場が広がっていくことでしょう。