ホームヘルパーの資格取得方法

2012年までは、介護系の資格って養成体系がわかりにくかったり、わかりにくいせいでどういうキャリアを自分で形成していいのかわからない・・・。
そういう状況であったと思います。

 

しかし2013年度から以前の養成体系を整理し、よりシンプルかつわかりやすい体系になりました。

 

このことにより、介護系の現場でキャリアをつむ方にとっては、とても目標を立てやすくなったのではないでしょうか?

 

現在はホームヘルパーの資格取得については、注目を浴びてるおかげであちこちで目にすることができるかと思います。

 

取得方法も、養成施設で学ぶ・福祉系高校で学ぶ・実務経験、などさまざまな道がありますので、自分にあった道を選んで取得することができるので良いですよね。

 

ですが、2013年度からホームヘルパーの資格制度も変更されていますので、今一度こちらで整理しておきましょう。

ホームヘルパー3級のやりがい

まず始めにホームヘルパー3級。

 

こちらは以前はよく耳にされたことはあるかと思いますが、この資格はもう廃止されております。

 

そしてホームヘルパー2級ですが、こちらも2012年度で廃止されています。

 

しかし、こちらは全くなくなってしまったのではなく、2013年度からは初任者研修修了者になっております。

 

ですが今までにホームヘルパー2級を取得されている方は、しっかりとそのまま働くことができます。

 

最後にホームヘルパー1級。こちらも、2012年度に廃止されております。そして、実務者研修に一元化されました。

 

つまり、2013年度からのホームヘルパーの養成体系としましては初任者研修修了→実務者研修→介護福祉士→認定介護福祉士
と、よりシンプルになったというわけです。

 

ですから、これから目指すあなたにとっても実にルートを定めやすく、よりやりがいを感じることができるようになったといえるのでは?